Unit 各部門について

部門紹介

データ駆動イノベーション推進本部の下で、本学の教育・研究・健康医療DXの司令塔としての役割を担います。

運営・企画部門

学内におけるDX実行を担う部門間、および学内各組織との調整・協調を効率的に進め、DXの展開が円滑に進むようにアレンジします。

デジタル社会創造研究部門

学内外の関連組織と連携し、未来社会でのDXのあるべき姿を研究し、社会としてのDX戦略の長期、中期、短期にわたるロードマップを提示することにより、DX研究開発に貢献します。

ラーニングアナリティクス部門

学習者の学習行動ログの解析をベースに、学生の理解度の把握や教授法の改善に資する情報の抽出・可視化に関する研究を進め、本学の教育水準の更なる向上に貢献します。

次世代型オープンエデュケーション推進部門

最新ICT(特に Virtual Reality や Human Computer Interaction、5G 等通信技術)を活用して、分野の特性に応じた臨場感の高い次世代型デジタル教材と、それに適する教育手法(オンライン授業や遠隔学習を含む)の開発を進め、学生の主体的な学びを支援します。また、これらの優れた教材や教育手法の共有・公開を進め、社会の知の拡大に貢献します。

研究データ管理支援部門

研究データの保存・共有・公開のためのインフラを整備するとともに、研究データ管理に係る人的支援(データ管理計画作成支援、研究データ管理に関する助言、研究データ公開の支援、研究データ管理に関する学生へのリテラシー教育など)を行います。また、日本の状況に適した研究データ管理やその支援法を研究・開発します。

健康医療DX推進部門 ※令和5年度以降に設置予定

データ駆動型臨床研究基盤の整備と維持、次世代が大量データ管理コンプライアンス研究など健康医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションを推進します。

データ分析支援部門 ※令和5年度以降に設置予定

データ駆動型教育・研究・医療を加速するためのデータ分析支援や研究データのメタ分析、データの標準化、データ分析に資するソフトウェアの利用支援等を進めます。

既存部局等との連携

データ駆動イノベーション推進本部のミッションの遂⾏には、学内の関係部局との広範な協⼒・連携が必要不可欠であり、とても重要です。各部局の専⾨性・最先端の研究を利活⽤し、「Society5.0の実現に向けた基盤強化」「データマネジメントとデータガバナンスの整備」「データ駆動型の教育・研究・医療の展開」を推進します。

連携の図